フォトジェニック

レンボンガン島のおすすめ絶景スポット巡り

バリ島サヌールからスピードボートで約30分、透明度が高いエメラルドグリーンの海とサラサラの白い砂浜が待ち受けるレンボンガン島。1週2時間もあれば回れてしまう小さい島には、まだ手つかずの大自然や昔ながらの素朴な生活が残っていてバリ島とはまた違った一面を見せてくれる。島には公共交通機関がないため、移動手段は自分でバイクをレンタルするか小型トラックの荷台を改造した観光用トラックでの移動となるが、舗装されていないガタガタ道を走ることを考えたら、もし日本で慣れていたとしてもバイクは避けたほうが無難。島内での移動が含まれたツアーを利用するのが手っ取り早く安心だ。

レンボンガン島への行き方

サヌールからは各社がレンボンガン島行きの高速船を1日2〜4往復ほど運行していて、大人1名Rp.往復400,000〜Rp300,000ほどで、ほとんどにバリ島内の往復送迎も含まれている。それぞれのオフィスに直接申し込む他ウェブサイトからの予約も可能(英語もしくはインドネシア語対応)。当日は、サヌールのオフィスで支払いを済ませたあと、船着き場にある指定スペースで出発を待つ。

今回利用したのが1日4往復催行しているロッキー社のスピードボート、朝10:00サヌール発で帰りは16:30レンボンガン発

サヌールのハントゥア通りにあるオフィスで料金を支払う

船着き場まではホテル送迎に来てくれたスタッフがそのまま案内してくれる

ビーチには各社のスピードボートが並んでいるので自分の乗るボートを間違えないよう注意

3人掛けシートが2列並ぶスピードボートの船内で、だいたいどこもこの規模

レンボンガン

サヌール出発後ぴったり30分でレンボンガンに到着!絵の具を溶いたような海の色に感動

レンボンガン

ボートは浅瀬に到着するので膝上くらいまで波がかぶる場合もあり、濡れてもいい服装で

レンボンガン島内での移動

島内での移動の要となる観光用トラックは、ホテルやアクティビティ会社所有の他は個人所有のものとなるので個人で事前予約するのは至難の技。電気自動車や自転車のレンタルもあることはあるが、日帰りトリップで効率よく観光スポットを回りたい場合はツアー参加が必須となる。観光用トラックは後ろの荷台を取り払い座席を取り付けたもので、だいたい1台に大人10人まで同時に乗れる。

レンボンガン

ガタガタ道の多いレンボンガン島で一番快適な乗り物といえる

レンボンガン

観光トラックは屋根付きなので日差しの強いレンボンガン島でも安心

ページ:

1

2

関連記事

  1. 世界遺産ジャティルイのライステラス
  2. 観光ツアー 【2018年7〜9月向け】バリ島乾季はここに行こう!おすすめ観光…
  3. 高原の絶景を満喫できるブドゥグル観光<ブラタン湖&ブドゥグル市場…
  4. バリ島東部一日観光その3<マハギリ・レストラン>
  5. 神聖な森の中に野生の猿が生息する<モンキーフォレスト>
  6. 編集部おすすめベスト3〜パワースポット編〜
  7. バリ島観光地紹介 象の洞窟という名の遺跡<ゴアガジャ>
  8. ティルタガンガ 見てるだけでも癒される東部の観光地<ティルタ・ガンガ>

人気の投稿ページ

コラム

ヨガクリエイターayaのYOGA通信バリ島大好き芸人じんのすけのバリトーク! PapasDive上田の写真から見るバリ島の海編集長TAKAのイベントレポートin Indonesia

GOHバグース!お勧めベスト3記事

バリ島現地オプショナルツアー・スパ予約

バリ島オプショナルツアー・スパ情報
  1. ゴンレストラン
  2. kurobokan
  3. スミニャック
PAGE TOP