観光地

レンボンガン島マングローブツアー

地球温暖化防止にも一役かっている

マングルーブの神秘に触れる

レンボンガン島からチュニンガン島にかけて広大に広がるマングローブの森。多くの二酸化炭素を吸収し、生命維持に必要な酸素を大量に作り出す働きがあるマングローブは、地球温暖化が叫ばれている今日において実に貴重な存在。レンボンガン島では、小型ボートやカヌーでその鬱蒼と茂る森の中へ入ることが出来るマングローブツアーが体験できる。

マングローブとは

マングローブというと植物の名前を連想しがちだが、実は熱帯・亜熱帯地方の河口の淡水と海水が交わる湿地に生息する森林の木々のことを総称した呼び方。マングローブの森は、カニや魚、貝などの棲み家となっているほか、鳥や野生動物を灼熱から守る役割も。また、マングローは光合成作用により普通の植物の約3倍の酸素を大気中に放出し、二酸化炭素を取り込む働きがあるため、地球温暖化防止に一役かっているといわれている。また、強風や高波、津波などから人間が住む陸地を守る役割もはたしている。

マングローブツアー

ツアーといっても大掛かりなものではなく、レンボンガン島の北側約4分の1にあたる範囲に広がるマングローブの森を一周するだけの簡単なものだ。マングローブの特徴といえば、その曲がりくねった根っこで、海の波や川の水の影響を受けやすい河口の泥池で自らの体を支えるためにこのような形態になってきたのだとか。そんな日本では沖縄などの温暖な地域以外では見ることは出来ない光景を眺めながら4人乗りの手漕ぎボートは、どんどん奥地へと舵を進めていく。生い茂る木の葉が頭上には広がっていて、直射日光が当たらないせいか森の中はちょっと薄暗く、そんな中にキラキラと差し込む木漏れ日がとても綺麗。海水と淡水が入り混じるマングローブの生息地である河口部分の水は透明度が高く、そこから海へと繋がる景色が爽快だ。ボートによるツアーの場合、約20〜30分で船着き場へ再び戻って来ることができる。

マングローブ

島の北側はほとんどマングローブの森で占められており、手付かずの自然が残っている

森の前のビーチはレンボンガン島の中でも屈指の美しさを誇っている

ビーチ沿いに並ぶレストランの一つBOBO’S WARUNGでボートの手配をした後、時間が来るまで綺麗な海を見ながら時間つぶし

ワルンから船着き場までは徒歩ですぐ

レンボンガン

マングローブツアーの入り口となる船着き場

ボートは4人乗り、モーターは使わず船頭さんが長い竿を使って漕いでくれる

rennbonngann

鳥のさえずりと水の音しかしない静寂に満ちた森の中

レンボンガン

淡水と海水が入り混じる河口から目の前には壮大なインド洋が広がる

2人乗りのカヌーもあり、こちらは欧米人に人気

 


From GOH Bagus編集部

バグースとはインドネシア語で「良い」「元気」「素晴らしい」などの意味があるGOH Bagusバリ島無料情報誌は年4回の発行。Webでは、バリ島のホテルやレストラン、観光情報など現地在住編集員による今が旬の情報を”綺麗”で”美味しそう”な写真と共に随時お届けしています。

 

 

GOH

バリ島行くならGOH!ガルーダ直行便での日本発パッケージツアー

ウェンディー

バリ島観光・アクティビティー・スパのご予約はウェンディーツアーへ

 

 

 

 

関連記事

  1. ロコに流行りの撮影スポット<Wanagiri Air Turju…
  2. 観光ツアー 【2018年7〜9月向け】バリ島乾季はここに行こう!おすすめ観光…
  3. バリ島観光地紹介 象の洞窟という名の遺跡<ゴアガジャ>
  4. 編集部おすすめベスト3〜パワースポット編〜
  5. バリ島伝統衣装を着て<ランプヤン寺院&バリ島東部ツアー>を体験
  6. 滝のそばでリフレッシュ<D’tukad リバー・クラ…
  7. フォトジェニックスポット バリ島フォトジェニックスポット5選〜自然・観光地編〜
  8. バリ島東部一日観光その3<マハギリ・レストラン>

人気の投稿ページ

コラム

ヨガクリエイターayaのYOGA通信バリ島大好き芸人じんのすけのバリトーク! PapasDive上田の写真から見るバリ島の海編集長TAKAのイベントレポートin Indonesia

GOHバグース!お勧めベスト3記事

バリ島現地オプショナルツアー・スパ予約

バリ島オプショナルツアー・スパ情報
PAGE TOP